[金融庁公表]老後2000万円問題とは?具体的な対策法紹介!!

年金
スポンサーリンク




老後2000万円問題とは?

 金融庁が2019年6月3日に公表した金融審議会市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」の報告書によると、

  • 夫65歳、妻60歳で共に無職
  • 収支が毎月5.5万円の赤字(※1)
  • この状態が30年間続く

という計算をしたときに、5.5万円×12ヶ月×30年=1980万円(約2000万)ということらしいです。※1 総務省の家計調査(2017年)における高齢夫婦無職世帯の家計収支(下表)

出典:家計調査報告(家計収支編)平成29年(2017年)II 世帯属性別の家計収支(二人以上の世帯)P28

 あくまで2000万円必要!というだけで、2000万円足りません!と言っているわけではありません。なぜならば、退職金があるからです。2017年の定年退職者の退職給付額は平均で1,700万円~2,000万円程度。なので平均であれば、300万円程度貯めておけば良いということになります!

凄い不安だったけど、300万円位なら大丈夫そう!安心した!

ノーロー
ノーロー

本当にそうでしょうか?もう少し考えてみましょう!

老後資金の不安要素

 上では、「老後不足する2000万円って、退職金でほぼ賄えるじゃん!」という話をしてきました。もちろん間違っているわけではありませんが、あくまでこれは今現在の高齢者を対象とした計算です。したがって今現在20代・30代の方々は、自分が高齢者となる20~30年後のことを見越して準備を進める必要があります。

①平均寿命の増加

 2017年の平均寿命は男81.1歳、女87.3歳です。平均寿命は年々伸びているので、「人生100年時代」というのはあながち間違ってはいません。なので「100歳まで生きたとしても大丈夫」という状態を作る必要がありますよね!

出典:金融審議会市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」の報告書P3

②退職金の減少

 2017年の退職金が約2000万円という話をしましたが、20年・30年後もそうでしょうか?下のグラフは退職金の平均の推移です。5年毎におよそ200万円ずつ減額されているのが見えるでしょう。どのくらいまで下がるのかわかりませんが、1500万円程度と考えておいた方が無難かもしれませんね・・・

出典:金融審議会市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」の報告書P19

③年金支給額の減少

 日本は少子高齢化により年金を払う人が少なくなり、年金を受け取る人が増えている状況です。年金の受給額は近年はあまり下がってはいませんが、将来も今と同じ額の年金がもらえると考えない方が良いでしょう。

①~③を踏まえてもう一度計算をしてみましょう。年金支給額が夫婦で18万円になったとすると、毎月6万円の不足になります。この状態で35年間(100歳まで)生きたとすると、 

6万円 × 12ヶ月 × 35年 = 2520万円

また退職金が1500万円になったとすると、 

2520万円 - 1500万円 = 720万円

となります。つまり退職金以外で720万円を自分で準備する必要があるということです。もちろんこれは入院のような緊急事態や、インフレのことなどを想定していないので、もっと増えると考えておいた方が良いでしょう。なかなか楽観視できない数字になってきましたね・・・もちろん適当な予測の下の計算なので、信用する必要はありません。しかし高齢になってから足りないと焦り、準備しても遅いので、若いうちから準備しておく必要があります!

老後2000万円問題の対策法

基本的には、次の2つのことを考えておくのが良いと思います。

  1. 年金の繰り下げ受給をする
  2. 終身年金の種類を増やす

 「1.年金の繰り下げ受給をする」についてです。年金は繰り下げ受給を選択すると毎月の受給額を増やすことができることをご存じですか?

受給開始年齢65歳から70歳から
毎月の年金受給額約16万約22万
2020年12月現在、平均的なサラリーマンの国民年金と厚生年金より計算

 65歳でそのまま受給すると毎年16万程度なのに対し、70歳で繰り下げ受給をすると毎年22万円程度もらえます!夫婦ともに繰り下げ受給を選択できれば、現在の制度であれば毎月の収入>毎月の支出となることが予想されますので、70歳以降の心配は減りますよね!したがって今考えておくべきことは、70歳まで年金無しで暮らせるような蓄えを用意することになります。

金融庁の計算では毎月の支出が26万程度なので、単純な計算だと

  26万円 × 12ヶ月 × 5年間 = 1560万円

となります。1500万円ほどあれば足りそうなので、これは退職金で賄えそうですね!

 次に「2.終身年金の種類を増やす」についてです。上で述べたように、今後年金受給額の減少などが考えられるので、繰り下げ受給できたとしても安心はできません。したがって自分で年金を増やす努力をしていかなければなりません。これに関しては様々な方法があります。確定拠出型年金や個人年金保険に加入したり、高配当株の配当金を年金のように考えたり・・・色々ありますので、行動しておきましょう!

ノーロー
ノーロー

ちなみにノーローは老後のために高配当株投資をしています。

今後高配当株投資の記事も書くので、良かったら参考にしてください!

まとめ

老後のために必要なことは

  1. 年金の繰り下げ受給ができるように貯蓄をすること(現状退職金で賄えそう)
  2. 年金受給額の定価やインフレに備えて、終身年金を増やす。

以上になります。最後になりますが、もうひとつ大切なことをお伝えしておきます。それは「老後のことは大切だけれども、今はもっと大切」ということです。老後のために色々切り詰めたりするのも大切かもしれませんが、今を楽しむのも大切です。しっかり準備しつつ、楽しい生活を送りましょう!それではお得な毎日をお過ごしください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました