[老後の年金補助にオススメ!]個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)ってなに?

iDeco
スポンサーリンク




 投資の勉強として今回は確定拠出型年金iDeco(イデコ)とは何なのか、またどうやったら始められるのかということについて詳しく説明していきます。なので

  • iDecoってよく聞くけど、実際何なのか知らない
  • 始めてみたいけど、どうやったら良いかわからない

といった方は是非見ていってください!

個人型確定拠出型年金iDecoとは

 確定拠出年金とは、事業主や加入者が掛金を拠出し、加入者自らがその資産を運用し、運用成績に応じて将来の給付額が受け取れる制度です。

ノーロー
ノーロー

iDecoとは、資産運用を補助してくれる制度のことです。

iDecoの中で、何を運用していくかは自分で決める必要があります!

確定拠出年金には2種類あります。 

①企業型確定拠出年金

 企業が従業員(加入者)の掛金を負担し、従業員(加入者)は各自で、その掛金をもとに企業が提示した商品の中から運用先を選択し、年金資産を運用します。

②個人型確定拠出年金(iDeco)

 加入者自身が掛金を拠出し、運営管理機関が提示した商品の中から運用先を選択し、年金資産を運用します。

でもそれって結局株や投資信託とかを買うんでしょ?

損しそうで心配だな・・・

ノーロー
ノーロー

必ず儲けることができる訳ではありませんが、かなり優遇された制度になっています!税金などの面で余計なお金を払わなくて済むので、トータルがプラスになりやすくなっています!

iDecoのメリット・デメリット

iDecoのメリット3つ

  1. 積立金額が所得控除の対象
  2. 運用益が非課税
  3. 受け取るときは「公的年金等控除」または「退職所得控除」

1.積立金額が所得控除の対象

 通常株や投資信託をする際は、税金が引かれた後の給与を使って運用します。所得控除の対象ということは、積立金額を引いた額に税金がかかるので、普通にやるよりお得になります!

2.運用益が非課税

 通常投資信託などの運用益(利益)には、税金が約20%かかります。運用益を再投資するには、税金が引かれた額を再投資することになります。しかしiDecoはその税金がかからずに再投資するこができるのでお得というわけです!

3.受け取るときは「公的年金等控除」または「退職所得控除」

 基本的に株や投資信託でも、収入を得た際には税金がかかります。ですがiDecoならこれも控除の対象となりますので、お得に受け取ることができます!

iDecoのデメリット2つ

  1. 元本割れの可能性
  2. 原則60歳まで引き出せない

1.元本割れの可能性

 iDecoは100%資産を増やすことができる訳ではありません。引き出す時点で、それまでの払込金額よりも低くなること(元本割れ)は十分にあります。ただしこれは全ての投資に言えることなので、iDecoだけのデメリットというわけではありません。

2.原則60歳まで引き出せない

 通常投資信託の商品は好きな時に売ることが出来ます。しかしiDecoは60歳にならないと引き出すことが出来ません。なので、お金を縛られるのが嫌な人にとってはキツイことかもしれません。

3.手数料がかかる

 iDeCoは加入時と毎月共通の手数料がかかるのに加え、加入する金融機関に支払う手数料も発生します。特に毎月の「口座管理料」は重要で、金融機関によって金額が異なります。毎月100円程度の差であっても、これが20年30年と続くとかなりの差になりますので、気を付けなければなりません。

ノーロー
ノーロー

通常の投資よりもハードルがかなり低いので、とりあえず投資を始めてみたい!という投資初心者の方はiDecoから始めてみるのがオススメです!

iDecoの特徴

特徴①「長期・分散・積立」の投資することができる

 投資の世界では利益を出すことも大切ですが、なるべくマイナスにならないようにすることの方が大切です。「長期・分散・積立」とはマイナスになるリスクを極力抑えた投資方法で、投資初心者にはとても大切なキーワードになります。

特徴②毎月の積立金額の上限が職業毎に決まっている

 積立できる金額は5000から1000円単位で決めることができますが、いくらでも積立することができる訳ではなく、職業に応じた上限があります。

月額年額
自営業68,000816,000
会社員会社に企業年金無し23,000276,000
企業型確定拠出年金のみ加入20,000240,000
企業型確定拠出年金、
厚生年金基金、確定給付企業年金に加入
12,000240,000
厚生年金基金、確定給付企業年金に加入12,000240,000
公務員12,000240,000
専業主婦23,000276,000
iDeco積立上限金額

特徴③金融機関毎に扱っている商品が違う

 iDecoという制度のなかで、投資信託などを買うことになりますが、どんな商品が変えるのかは金融機関毎に違います。

iDecoの始め方

とりあえず次の2点を決めておけば、後は申し込むだけになります!

①金融機関

 金融機関ごとに取り扱っている商品や、手数料などに差があるので、自分に合った金融機関を選びましょう!

②運用商品

 運用商品によって、ハイリスクハイリターンなものからローリスクローリターンなものなど様々です。運用できる金融機関が限られているので、運用商品から金融機関が決まる人もいるかと思います。

ノーロー
ノーロー

ノーローは楽天証券楽天・全米株式インデックスファンド(通称:楽天VTI)

を運用しています!

まとめ

  • iDecoは投資初心者のための優遇制度
  • 興味があるから始めてみたい、老後のために少しでも準備したい人にオススメ
  • iDecoの中で運用する金融機関や商品は自分で決める必要がある

以上になります。老後の資金作りは自分でやらなければいけない時代です。そのために政府が用意してくれた制度を利用しない手はないですね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました