老後の備え 終身年金の増やし方

年金
スポンサーリンク




 老後のことを心配になる人は多いと思います。老後2000万円問題などもあり、関心のある人も多いのではないでしょうか。インフレになったり年金が減る可能性を考えると、貯金よりも終身年金を増やす方が安心できると思います。そこで今回は終身年金を増やすにはどうしたら良いのかということについて考えていこうと思います。老後2000万円問題については、過去の記事をご覧ください。

日本の現在の年金制度

日本の現在の終身年金は2階建構造となっています。

1.国民年金

20歳から60歳までの国民全員が払い、老後に貰うことになる年金です。学生の間には納付猶予があったりするので、人によっては40年間の満額を払わない人もいるかと思います。貰える金額は満額で約65,000円となります。

2.厚生年金

 会社員の方や公務員の方が加入している年金制度で、こちらに関しては収入によって変わります。全体平均は約80,000円のようです。(男性の平均は100,000円、女性の平均は40,000円)

 国民年金と厚生年金を合わせて公的年金といいます。平均金額を合計すると約145,000円となります。結婚などしたら、相手の年金分も足してその合計が毎月の生活支出と比べてどうなるかを考えていきます。

 例1:男性が会社員、女性が専業主婦の場合

   男性16万5000円(6万5000円+10万)+女性6万5000円=23万円

 例2:男性が会社員、女性が会社員の場合

   男性16万5000円(6万5000円+10万)+女性10万5000円(6万5000円+4万円)=27万円

 現在の老後の生活費は夫婦合わせて平均約26万円です。なので、夫婦共働きであれば、現状は心配いらないことになります。

 しかしながら年金受給額の減少、インフレによる物価の上昇などを考えると十分とは言えません。したがって、ここに各自で終身年金をプラスしていく必要があります。

 自営業の方は厚生年金がありませんが、その代わり国民年金基金というものに加入することができ、厚生年金分を賄うことができるようになっています。

終身年金の増やし方

①公的年金の繰り下げ受給

 公的年金は繰り下げ受給ができることをご存じでしょうか?通常65歳から受け取る年金を最大で70歳まで延長することができます。この場合、年金の月額が42%も増加します!先ほどの例1で計算してみると、

 例1:男性が会社員、女性が専業主婦の場合

   男性16万5000円(6万5000円+10万)+女性6万5000円=23万円 × 1.42 = 約32万6000円

32万円入ってくれば、生活資金の心配はかなり減らすことができます!!

 ただし注意点としては70歳まで公的年金が入ってこないので、5年間は収入なしとなります。この5年間を過ごせるように他の年金を準備したり、貯金を増やしておくことが大切になります。

②企業年金

 企業年金にも様々な種類があります。確定給付型や確定拠出型などあります。どのような種類のものかは企業毎に違いますので、確認しておきましょう。また企業年金も、自分から申し込まないといけないものなどもありますので、情報は仕入れておきましょう!

 したがって一般的な会社員の方は3階建てにすることは簡単にできます。企業年金を確認し、検討してみましょう!

 ここまでであれば、多くの人がやっていることになります。「3階建てで十分」と思う人も多いかもしれませんが、先述したようにインフレ,年金受給額の低下,年金繰り下げ受給への準備ということを考えると、もう少し準備しておいた方が良さそうではないでしょうか??

ノーロー
ノーロー

ここからが本題ですね!終身年金を増やして、豊かな老後を過ごしましょう!

③個人型確定拠出年金(iDeco)

 最近なにかと話題のiDeco(イデコ)です。これは自分でお金を積立し、自分で投資をして運用していくものになります。iDeco確実に資産が増やせる訳ではありませんが、普通に投資をするよりも税制面でかなりお得なので、老後に備えてもう一つ年金を増やしておきたい方にオススメです。iDecoも利用できると、4階建ての年金となります!

 これからiDecoを始めようと思っている方向けに、別の記事で紹介させていただいたので、そちらをご覧ください。

 ここからは、全員にオススメ!というものではありません。

④配当株

 株式投資をすると、株主優待のように商品券や物が貰えるものもあります。その他に配当金というお金もらえるものもあります。特に配当金が多い株を高配当株といいます。これらの株は持っておくだけで決まった月に配当金を得られるので、生活費の足しや年金の補助として受け取ることが可能です。ここまでくると年金も5階建てとなり、かなり安心できますね!

ノーロー
ノーロー

ノーローも5階建てを目指し、高配当株を育てているところです!

⑤個人年金保険

 個人年金保険とは、保険会社の商品のうち一定の年齢から年金として受け取ることができるもののことです。これは個人が積み立てた保険料を保険会社が運用し、年金の形で返金してもらうものになります。

 メリット

 生命保険なので生命保険料控除を受けることが可能,定額の年金保険であれば損をする心配がほぼ無い,預金よりは利率が良いという点です。

 デメリット

 利率が他のものと比べて低いことです。

例えば毎月1万円の個人年金保険に入っていたとします。これを30年間支払い続けたとすると、

1万円 × 12ヶ月 × 30年 =360万円

合計で360万円支払うことになります。これを手元に置いておいた場合、銀行に預けた場合、生命保険に支払った場合、投資に回した場合について見てみましょう!

 利回り3%は比較的簡単に達成可能なラインですので、ハイリスクなものでは決してありません。これがわかれば、銀行に預けておくだけ,生命保険に年金目的で加入することがいかにもったいないかが分かると思います。ただし生命保険料控除もあり、投資よりもリスクがかなり低いので、悪いわけではないので、ここはよく考えて選択しましょう!

ノーロー
ノーロー

ノーローは計算した上で、投資に回した方が効果的だなと判断しています!

まとめ

  • 公的年金、企業年金だけでは将来不安なので、自分で準備しておく必要がある
  • 何をやったら良いかわからない人はとりあえずiDecoから
  • 出来る人は高配当株なども良い
  • 個人年金保険は決してダメではないけれど、あまりオススメはしない。

以上になります。将来のことは不安ですが、しっかり備えて優雅な老後を過ごしましょう!

しかし、老後ばかりに気を取られて、今を楽しめないのはもっとダメですよ!!

楽しく備えましょう!!!ではお得な毎日をお過ごしください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました